知っておいたほうがいい大阪の地名

ニューヨークにはマンハッタン、ロンドンにはトラファルガー広場、パリにはシャンゼリゼというように、それぞれの街の中には世界的に知られた地名がいろいろあります。大阪にももちろん、大阪以外でもよく知られている地名がたくさんあります。そんな地名を事前に知っておけば、大阪旅行の際に何かと便利かも。そんな大阪の地名を紹介していきましょう。


大阪がある地方「きんき」「かんさい」

大阪を中心に大阪の周りにある京都や神戸、奈良、和歌山の地域を「きんき(近畿)」地方といいます。「畿」とは都のことで、近畿は都に近いという意味。これは京都が首都だったころの名残りの地名です。韓国のキョンギド(京畿道)とほぼ同じ意味。また「かんさい(関西)」地方と呼ぶこともあります。これは関所の西側という意味。「きんき」も「かんさい」もほぼ同じエリア。「きんき」は大学や鉄道の名前に、「かんさい」は空港の名前にもなっています。



大阪の昔の名前「なんば」「なにわ」

現在は大阪(おおさか)という地名ですが、昔は「なんば」や「なにわ」という名前でした。漢字で書くと「難波」「浪速」「浪花」「浪華」。「なんば」は昔の都の名前「難波京(なにわきょう)」にも由来。現在では大阪の代表する中心地の1つとなっています。

関西空港から向かう南海電車の終点も「なんば」駅。また「なにわ」も昔から大阪全体をあらわす地名としてよく使われ、現在でも「なにわばし(難波橋)」「新なにわ筋」など地名として使われています。