大阪を代表するソウルフード、串カツ!


大阪の食べものといえば串カツ。

串カツとはさまざまな食材を串を刺し、揚げたもの。

カツといっても刺すのはカツばかりではありません。

肉や魚、野菜などさまざまな食材があるのも魅力。

そして価格も安くて食べやすいのも人気の特徴。

そんな大阪の串カツを紹介していきましょう。



串カツといえば新世界?


大阪の串カツはもともと、通天閣ののある新世界エリアで名物の食べ物。

今では串カツ=大阪というイメージが広がり、繁華街をはじめ町のあちこちに串カツのお店があります。

全国にもある串カツですが、大阪では人口比で見ても串カツの専門店がが多いのが特徴。

中でも大阪の串カツは衣に山芋を使っているのが特徴。

また串カツにつけるものといえば、ソース。

多くはテーブルの上にソースのはいった容器が置いてあり、串ごとにソースを付けて食べます。

みんなで共有するソースのため、串の二度漬けは禁止。

お店は二度漬けはだめ、という案内は有名です。

また大体のお店は取り放題のキャベツがあります。

ソースがたりなくなったらこのキャベツでソースをすくって取ります。

串はだいたい1本ずつ注文。

素材は肉類や業界類、野菜などに加え、お店オリジナルの串やデザートなど変わり種の串があります。<