大阪の地下鉄の使い方

更新日:2020年6月2日

大阪を走る地下鉄。以前は「市営地下鉄」という名前でしたが、2019年から「大阪メトロ」に変わりました。でも実際は今でも「地下鉄」と呼ぶ大阪人が多いよう。大阪市内の隅から隅まで、一部は大阪郊外の門真市や守口市、東大阪市、吹田市まで走っている大阪地下鉄。

今日は大阪地下鉄のより良い「使い方」を紹介しましょう。



かんたん!縦と横しかない!

大阪の地下鉄が開通したのは1933年。現在の御堂筋線の一部である梅田ー心斎橋を結ぶ路線から始まりました。現在、7本の路線が運行しています。複雑そうですが、路線はとても覚えやすいのです。それは縦(南北)方向と横(東西)、2方向の地下鉄しかないから。

縦(南北)方向が四つ橋線、御堂筋線。堺筋線、谷町線、今里筋線。

横(東西)方向が中央線、長堀鶴見緑地線、千日前線

特に市内では碁盤の目のように地下鉄が交差しているので、とってもわかりやすいんです。

ちなみに長堀鶴見緑地線や今里筋線は他の路線より車両が少し小さめの、リニアモーターミニ地下鉄となっています。



名前が難しい!記号と色で覚えよう!

上でもあげたように、大阪の地下鉄の路線には、それぞれ名前がついています。

四つ橋(よつばし)線

御堂筋(みどうすじ)線

堺筋(さかいすじ)線

谷町(たにまち)線

今里筋(いまざとすじ)線

中央(ちゅうおう)線

長堀鶴見緑地(ながほりつるみりょくち)線

千日前(せんにちまえ)線

でも外国人には名前を覚えるのがちょっと難しい。日本人でも難しい。そんなときは色で覚えるのが便利。各路線には、それぞれシンボルカラーがあります。

御堂筋線=赤、谷町線=紫 堺筋線=茶 今里筋線=橙 中央線=緑 長堀鶴見緑地線=黄緑 四つ橋線=ピンク