大阪のディープスポット、新世界と天王寺公園

大阪には梅田や難波、道頓堀など、観光客をはじめ多くの人が集まるいろいろスポットがあります。

そんな梅田や難波以外に、大阪を代表するスポットとして決して外すことができないスポットがあります。

その場所とは、新世界(しんせかい)。

昔からのレトロな雰囲気が人気の歓楽街です。

ターミナル駅などはないのに、多くの人が集まります。

また新世界の横にあるのが天王寺公園。

天王寺には動物園や美術館、日本庭園のほか、公園の向こうには日本一高いビル「あべのハルカス」もあります。

そんな新世界と天王寺を紹介しましょう。





新世界とは

名前からレトロな雰囲気が漂う「新世界」。

ここは明治時代、博覧会が開催された場所。

100年前、「大阪の新しい名所」という意味が込めて「新世界」と名付けられました。

今では大阪にある有名な展望台、通天閣を中心に、町が広がっています。

しかし少し前まで、新世界といえば労働者や庶民であふれる歓楽街でした。

近くに日雇い労働者の街もあり、どちらかといえば怖い人が集まるイメージ。

町も長いあいだ発展せず、昔の繁華街の雰囲気がそのまま残りました。

ところがその変わらない昔ながらのディープでレトロな雰囲気がかえって人気に。

今では多くの外国人旅行者で溢れるほど、外国人にも人気な町となっています。

いまでは外国人目当ての串焼き屋さんや居酒屋さんも増えています。

でも昔ながらゲームセンターや安い散髪店、洋食店が残っています。