大阪のキャラクターとデコ看板

大阪には大阪人だけでなく、大阪を表す映像や写真には必ず登場する、全国的に知られたキャラクターがいくつかあります。

また大阪といえば有名なのがお店の上にある巨大なデコ看板。

通りにデコ看板が多数並ぶ姿は、日本の他の町ではあまり見かけない光景です。

そんな大阪のキャラクターとデコ看板を紹介しましょう。



<大阪のキャラクター>


グリコサイン @ 道頓堀

道頓堀に掛かる橋、戎橋から見えるグリコのサインは大阪を象徴するキャラクターとしてあまりにも有名です。

日本人だけでなく、海外からやってきた旅行者も橋の上で一緒に記念撮影をする人を多く見かけます。

このキャラクターはもともと、日本で有名なお菓子会社、グリコの広告サイン。

最初に設置されたのは1935年のこと。

デザインや場所は何度も変更され、現在のキャラクターは2014年からで、6代目。

14万個のLEDランプを使用しています。

過去のデザインは西淀川区にある江崎記念館に展示されています。

毎日、日没後30分から24時まで点灯しています。

ランニング姿の青年が手をあげる姿は日本最初のオリンピック選手、金栗四三がモデルと言われています。


くいだおれ太郎 @ 道頓堀

お店「くいだおれ」の宣伝のために道頓堀通り沿いに設置された人形「くいだおれ太郎」。

格好は昔町中を歩いて広告していた「ちんどん屋」。

電動でずっと太鼓をたたき、鐘を鳴らし、首も頭も口も動く宣伝用ロボット。

大阪名物の文楽人形も意識していると言われています。

登場したのは1950年のこと。

やがてお店の象徴というだけでなく、道頓堀を象徴する名物に。