京都のお寺~左京区

更新日:2020年4月8日


京都にあるお寺。


 

圓光寺


在洛北最美、可欣賞紅葉的寺院。過了山門進枯山水的奔龍庭是価値看的、回頭看到京都市内。依本堂看過去庭園的「額縁庭園」(画框裏的庭園)是非常有名。初夏季節、青紅葉和青苔、竹林是很受歓迎。本尊是「千手観世音菩薩坐像」、開基(創立者)是徳川家康。境内有宝物館、可参観円山応挙的「雨竹風竹図屏風」等等。

洛北随一と言われる紅葉スポット。山門をくぐると枯山水の奔龍庭に目を見張る。後ろを振り返ると京都の街も望める。本堂から庭園を見る「額縁庭園」は有名で、初夏の時期には青もみじと苔と竹林が人気。本尊は「千手観世音菩薩坐像」、開基(創立者)は徳川家康。宝物館があり、円山応挙の雨竹風竹図屏風などが常時見学できる。


京都市左京區一乗寺小谷町13 

京都市左京区一乗寺小谷町13 

參觀時間:9:00~17:00

拝観時間:9:00~17:00

https://www.enkouji.jp/chinese

https://www.enkouji.jp/


 

詩仙堂

徳川家家臣的石川丈山退休後住的山荘。名字的由来是照日本的三十六歌仙、依中國的漢晋唐宋的各時代選出中国詩家36個位、掛在他們肖像的房間名叫「詩仙之間」。丈山自己的画像也被狩野探幽画了之後在同一房間裏。丈山又是有名的造園家、他的庭園裏、春天有杜鵑花、秋天有紅葉是特別有名。換一下庭園準備的拖鞋可以参観丈山的庭園。

徳川家の家臣であった石川丈山が隠居して過ごした山荘。名の由来は、日本の三十六歌仙にならい、漢晋唐宋の各時代から選ばれた中国の詩家36人の肖像を掲げた詩仙の間による。丈山自身の肖像も狩野探幽によって描かれ詩仙の間にある。庭園作りでも名を残した丈山の庭は、特に春のサツキと秋の紅葉が有名。庭はスリッパに履き替えて散策ができる。

京都市左京區一乗寺門口町27

京都市左京区一乗寺門口町27