京都の神社~その1

更新日:2020年4月8日

中京区、左京区、上京区、北区にある神社。


御金神社


直接念是Okane=銭、但発音就是Mikane。照名字一様、和銭有関、財運上昇的神社。24個小時OPEN、在京都市内、所以随時都可以去拝拝。神社内有銀杏型的絵馬、福財布、可以洗浄銭的手水舎等等、和銭有関的習俗很多。


そのまま読むとお金神社だけど、「みかね」と読む。その名の通り、金運のご利益がある24時間いつでも行ける京都市内の神社。イチョウ型の絵馬や福財布、手水舎のお金を清めるザルなど、金運アップにつながるアイテムがもりだくさん。


京都市中京區御池上ru押西洞院町614

京都市中京区御池上ル押西洞院町614


 

八大神社


1294年、依祇園神社分霊的神社。江戸時代的1604年、在境内的一乗寺下松付近、二刀流的宮本武蔵和吉岡一門有決闘了。決闘前武蔵一時想到祈祷神「給我勝利吧」。可是馬上発見自己的弱処後、没有祈祷。在社殿内保管展示當時的一乗寺下松的古木。

1294年、祇園神社から分霊された神社。江戸時代の慶長九年(1604年)、境内の一乗寺下り松(さがりまつ)で、二刀流の宮本武蔵が吉岡一門と決闘したことで知られている。武蔵は決闘前に勝たせてくれ、と神頼みを思い立ったが、寸でのところで神に頼ろうとした自分の弱さに気づきやめたそう。一乗寺下り松の古木は社殿内に保管展示されている。


京都市左京区一乗寺松原町1番地

京都市左京區一乗寺松原町1番地

 

梨木神社


祭神是貢献明治維新的三條實萬和三條實美父子。神社別名是「萩の宮」、境内有種約500個萩花、9月中旬~下旬是有「萩花祭」。境内還有上田秋成、湯川秀樹的歌碑。境内的井戸水叫「染井の水」是京都三名水之一、現存是只有這裏(其他是京都御苑的「縣井」、堀川通五条的「左女牛井」)。可以渇、付近住民常帯桶子來装回去。


祭神は、明治維新に貢献した三條實萬・三條實美父子。別名萩の宮。境内には約500株のハギが植えられ9月中旬~下旬には萩祭りが行われる。上田秋成、湯川秀樹愛の歌碑も残されている。境内の井戸の水は「染井の水」と呼ばれ、京都三名水の一つで現存するのはここだけ(ほかに京都御苑の「縣井」と堀川通五条西入の「左女牛井」)。飲料可で、近所の人たちがよく