大阪24区

ソウルには25区、東京には23区。

大都市には市の下に数多くの下部組織である区が設置されています。

もちろん、大阪にも区が設置されています。

大阪市にある区の数は24。

数で言えば東京の23とほぼ同じ数になります。

でも人口は東京に比べて三分の一、面積も約三分の一なのに区の数がほぼ同じなため、大阪の区の数が多すぎる、といわれることも。

実は以前、大阪にはさらに多い26の区がありましたが、1989年には4つの区が統合し、2つ減って24区にになり、現在に至っています。

同じ大阪にある区といっても区によって特徴があり、性格や雰囲気も違います。

自分が住む区に深い愛着をもっている大阪人。

それでは大阪の区について、紹介していきましょう。




区を地域で見てみると


大阪市は地域で大きく分けて中心部、北部、北東部、南東部、西部、南部の6つに分かれています。

区ごとで見てみると、中心部の区は「北区」「中央区」「西区」「福島区」「浪速区」「天王寺区」の6区。昔から大阪市だったエリアです。

北部の区は「西淀川区」「淀川区」「東淀川区」。すべて淀川の北側にあり、すべての区名に淀川の名前がついています。

北東部の区は「城東区」「都島区」「鶴見区」「旭区」「東成区」。大阪城の東側にあり、京阪やJRなど京都方面に向かう鉄道路線沿いにあります。

南東部の区は「生野区」「平野区」「東住吉区」。大阪環状線の東側にあり、近鉄やJRなど奈良方面に向かう鉄道路線沿いにあります。

西部の区は「此花区」「港区」「大正区」「住之江区」。いずれも大阪湾に面しています。

南部の区は「西成区」「阿倍野区」「住吉区」。大阪環状線の南側にあり、南海やJRなど堺や和歌山方面に向かう鉄道路線沿いにあります。




それぞれの特徴別に見ていくと


歴史のある区・・・「西区」「北区」「浪速区」。