大阪人が大好きな大阪のうどん


日本の伝統的な麺料理、「そば」と「うどん」。

地域によって好みが異なりますが、大阪人は「そば」より「うどん」が大好き。

お店で「そば」と「うどん」のどちらから選べるときも、大阪では何も言わなければ「うどん」が出てきます。東京ではどちらかといえば逆。

もちろん、大阪にも「そば」専門店がありますが、「うどん」専門店のほうが多くみかけます。



うどんは大きく分けて、冷やして食べる場合と温かいまま食べる場合にわかれます。

食べ方も、麺につゆを注いだ「かけ」や、ざるにのせたうどんをつゆにつけていただく「つけ」、冷たい麺に濃いつゆ出汁をかける「ぶっかけ」、麺に醤油をかけて食べる「生醤油(きじょうゆ)」、茹でたてのうどんに玉子を絡める「釜玉(かまたま)」など。

うどんの上にのせる具には、油揚げの「きつねうどん」に、天かすの「たぬきうどん」。肉の「肉うどん」に、餅の「力うどん」、生卵の「月見うどん」、天ぷらの「天ぷらうどん」など。

同じうどんでも地域差があり、有名なのは香川県が本番の「讃岐うどん」に、秋田の「稲庭うどん」、博多の「博多うどん」、群馬県の「水沢うどん」などなど。

大阪では地理的にも近い「讃岐うどん」のお店が多め。

だし汁にカレーをいれた「カレーうどん」も大阪で人気があります。

「油かす」を載せた大阪名物の「かすうどん」も。

逆に全国的に知られた「たぬきうどん」は大阪ではみかけません。




それでは大阪で人気のうどん屋さんを、梅田にあるお店を中心に紹介しましょう。


◎踊るうどん (梅田)


舞茸をのせたうどんが有名なうどん専門店。

麺は国産小麦100%を使用した、もちもちでコシのある熟成麺。

舞茸と肉、ゆで卵をのせたうどんが人気。

種類は「ぶっかけ」「生(き)じょうゆ」、「釜玉」の3タイプ。

おすすめは温かい麺より冷やし麺。

大阪の郊外、守口に本店があります。