大阪の街をソウルに例えてみよう

日本の首都ではないけれど、人口では東京、横浜に続く日本の大都市、大阪。

近畿地方にある、日本を代表する都市の1つです。

一方、韓国の首都であり、韓国一の大都市である、ソウル。

首都どうしの東京とソウルを比べる記事や本はあるけれど、大阪とソウルはあまり比べられることがないかも。

では大阪のあちこちらこちらをソウルの町で例えてみると?

今回はソウルの町に似ている大阪の各スポットを探してみたいと思います。



<エリアでみると>


キタとミナミ=江北と江南

ソウルは北側の江北(カンブッ)と南側の江南(カンナム)に分かれています。

一方、大阪にも同じような南北「キタ(北)」と「ミナミ(南)」があります。

ただ、それぞれの性格はかなり違います。

ソウルは「江北」が旧市街が中心であるのに対し、「江南」は新市街。

一方大阪はミナミの方が古く、キタの方が比較的新しい繁華街。

でも大阪の全体で見れば、キタもミナミも旧市街になります。

ただソウルと同じように、市民の中でも主にミナミを訪問すると、キタを訪れる人に大きく分かれるよう。



<自然で見ると>