大阪の町中華

韓国と同じように、日本にもたくさんある中華料理店。

もちろん大阪にも中華料理店が大阪の町のあちこちにあります。

中華料理、と行っても、珍しい料理が食べられて値段も高い高級な中華料理店や、中国などから最近やってきた人がやっている新しい本場の中華料理が食べられる中華料理店など、いろいろあります。

さまざまなタイプがあるなか、日本人に一番身近な中華料理店は外見にこだわらず、昔からの馴染みのメニューが手頃な値段で並んでいる、庶民的な中華料理店、いわゆる「町中華」。

日本食など他の定食屋さんと同じようなかんじで気軽に利用されています。

持ち帰りができる店が多いのも特徴。

今回はそんな大阪の町中華を紹介しましょう。





町中華の定番メニューとは

定番メニューの代表は餃子。

中国では餃子が主食だそうですが、日本ではあくまでおかず。

ご飯と一緒に食べる餃子定食も定番です。

麺やご飯ものなど他のメニューとセットでいただくことも多いです。

またビールのおつまみとして食べる人も。



炒飯(チャーハン)も定番メニュー。

いわゆる炒めごはん。

ご飯ものの中華として人気があります。

種類もカレー炒飯や五目炒飯、キムチ炒飯など。

お店によって味付けに特徴があります。

炒飯や餃子とセットで食べる人が多いです。

ご飯ものでは天津飯や中華丼などあります。

天津飯は卵でごはんをとじ、甘酢あんをかけたもの。

中華丼は肉や海鮮、野菜などをいためた八宝菜をのせたごはんのもの。

どちらも似た料理はありますが、日本の中華料理しかない名前のメニューです。