大阪の坂ー天王寺にある7つの坂

更新日:2020年5月18日

한국어 페이지--->

오사카의 고갯길 - 덴노지에 있는 일곱 고갯길


海に面し、平らなイメージのある町、大阪。確かに大阪には平らな場所も多いのですが、そんなまちなかに突然坂があらわれることがあります。実は大阪市の東側には台地、上町台地があるんです。この台地に道がぶつかると、どうしても坂になります。大阪の地名の由来も「大きな坂」?坂とはなにかと縁がある大阪。今日は大阪の、中でも天王寺にある有名な7つの坂を、ご紹介しましょう。


上町台地とは

大阪市の東部にある横たわる台地、上町台地(うえまちだいち)。

台地の東側も西側も低地となっていて、北側には川が流れています。

最高の高さは標高38m。古代、両側の低地は海となっていました。

つまり台地は海の中に突き出た半島のように感じだったのです。

陸地があるのは台地のみ。

この台地には古代、都である難波宮(なにわのみや)が2度置かれました。

また日本初の本格的な寺院の四天王寺や神社の生国魂(いくたま)神社などが建立されました。

また近代には台地の北の端に巨大なお城、大阪城が作られます。

大阪城は大阪でも見晴らしも良く、台地の上にあり、天然の要害でもありました。

夕陽丘や茶臼山、真田山など、山に関する地名も多いのも上町台地の特徴。

上町、という名前自体も、上にある街という意味。

東成や西成など大阪の区の名前も、台地に由来します。


</